当社は、情報サービスを提供する企業です。
設立以来、お客様の情報システムを構築し、技術面での信頼は得られたと自負しております。
ただし、当社が更にお客様の信頼を得、繁栄するためには、情報セキュリティの問題を避けて通る訳にはいきません。
情報資産の漏洩、紛失などの事故は、お客様からの信頼を失うばかりでなく、お互いの企業としての存続まで脅かすことになります。
そこで、これらリスクを回避し、お客様をはじめ関連する皆様に、安全でかつ安心していただくために、当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、運用および維持に積極的に取り組むべく、規範となる『情報セキュリティ基本方針』を定めました。
当社はここに全ての社員が倫理観をもって業務に携わることを宣言いたします。

当社は、当社が保有する情報資産を取り扱う、全ての役員、従業員、ならびに関係者に適用します。

当社は、情報資産の「機密性」・「完全性」・「可用性」を確保するために、リスク評価の結果に基づいて、特定された脅威に対する合理的な情報セキュリティ対策を実施し、情報資産の安全管理に継続的に取り組みます。

当社は、個人情報保護法をはじめとする情報セキュリティに関連する法令及びその他の規範を遵守します。また、お客様と締結した機密保持契約を厳守します。

当社は、情報セキュリティ教育を継続的に実施し、人的管理を行います。

当社は、情報資産に対する事故発生の予防に努め、万一事故が発生した場合は、事故対応は勿論、再発防止策等適切な対応を迅速に実施いたします。

上記の取り扱いにつきましては、定期的にマネジメントレビューを行い、法制度や社会情勢、または監査結果等に応じて継続的に見直し、改善に努めます。

初版 2010年 4月21日

改訂 2010年12月06日